ニュース

未来の住職塾通信講座「お寺のための安心会計教室」を開講します

2014年5月19日 プレスリリース

2014年度の未来の住職塾 通信講座では、「伝わる寺報教室」、「人の集まる永代供養墓教室」に加えて、「お寺のための安心会計教室」を新たなラインナップとしてスタートさせます。 ■ 未来の住職塾通信講座 「お寺のための安心会計教室」 2014年9月中旬スタート 「役員さんからお寺の会計報告を求められました。会計の透明性を高めることで檀信徒との信頼を深め、より人の集まるお寺にしたいと思っています。でも、どこに聞いたらいいのかわからない・・・」 最近、このような相談をたくさんいただきます。そこで寺院会計の基礎から最終的に都道府県に提出する書類の作成まで、1年間の実務が網羅できる初心者向けのカリキュラムを用意しました。 通信講座 「お寺のための安心会計教室」では、お寺の会計に必要な知識とスキルを伝授。会計の分析結果から課題を抽出し、教化活動の改善や数年に渡る修繕計画など、具体的なアイデアを導き出します。 【3つの魅力】 (1) 税理士であり住職でもある講師が「お寺に必要な会計」を丁寧に指導します。 (2) 講師との双方向コミュニケーションや、充実した会計ツールによる実践的な学びを提供します。 (3) 会計の分析結果から、お寺のよりよい教化活動につながる具体的アイデアが出てくるようになります。 【募集概要】 受講期間: 2014年9月中旬~12月末(最終課題返却は1月以降) 受講料:  39,800円(税込) 定員:    60名 申し込み締切: 2014年9月2日(火) ▼ 詳しい内容・お申し込みはこちらから http://www.oteranomirai.or.jp/juku/kaikei ■ 講師プロフィール 河村照円|かわむら しょうえん 真言宗寺院の住職であり税理士・行政書士。高校生の時、自坊に税務調査が入り、「正しい税金の知識があれば余分な納税が必要ない」ことを知ったのがきっかけで税理士を志す。お寺に生まれ育った環境と、専門的知識を活かしたお寺の会計、税務相談を得意とする。帳簿をつけないと税務署に目をつけられる、といった従来の寺院会計の認識を覆し、お寺の未来のための前向きな会計道を推し 進める。寺院業界の内側からの視点で説明がわかりやすいと評判。「佛教タイムス」での連載のほか宗門大学や宗派・教区などで講演多数。