お寺の未来ブログ記事一覧

お寺のインターネット発信 3つの鍵 – まいてら登録寺院の声から見えたこと – /遠藤卓也

2017年5月11日

一般社団法人お寺の未来 まいてら担当の遠藤卓也です。 昨年7月、お寺さがしポータルサイト『まいてら』を開設し10ヶ月が経ちました。『まいてら』に登録して自坊の寺院ページを公開している寺院より、ページ公開後にあらわれた効果事例の声が寄せられていますが、様々な声の中から、お寺のインターネット発信における重要ポイントが浮かび上がってきました。 続きを読む >>

お寺の未来インターン体験談 (2)「とある1日のお仕事」/佐野ハナ(国際基督教大学)

2017年4月25日

PR_header2_resize

[caption id="attachment_5386" align="aligncenter" width="640"] お寺の未来事務所のある、神谷町 光明寺境内にて[/caption] こんにちは。お寺の未来インターン生の佐野ハナです。 「お寺の未来インターン体験談(1)」では、私がインターンシップに応募した経緯や、お仕事を通しての学びなどをご紹介しました。 後編となる「お寺の未来インターン体験談(2)」では、お寺の未来インターン生は普段どのようなお仕事をしているのか、より具体的に知っていただくために、「とある出勤日のお仕事内容」を時系列でご紹介したいと思います。毎回業務内容は異なり、その範囲は多岐にわたりますが、なかでも典型的な一日をピックアップしてみました。 続きを読む >>

お寺の未来インターン体験談 (1)「これほどユニークなお坊さんと多く関わっている学生は、そういないはず!」/佐野ハナ(国際基督教大学)

2017年4月25日

PR_header1_resize

[caption id="attachment_5384" align="aligncenter" width="640"] お寺の未来事務所のある、神谷町 光明寺境内にて[/caption] 皆さん、はじめまして。お寺の未来インターン生の佐野ハナと申します。国際基督教大学で、鎌倉時代の日本文学を研究している大学院生です。 今回は、数ある学生インターンの中でも「何をやっているかよくわからない」ランキング上位に確実に食い込むであろう、お寺の未来のインターンシップについて、ご紹介しようと思い筆をとりました。 続きを読む >>

安心のお寺づくりとは、生活者視点に立つこと/井出悦郎

2017年3月27日

image-seikatsusya

■ 生活者視点に立つことが、これからの時代のお寺づくり 「生活者視点」を持つということ。 この視点を持つことは、これからのお寺づくりにおいて不可欠だと、私たちお寺の未来は考えています。 檀家という言葉に象徴されるように、人とお寺の関係は、長らく制度的なニュアンスが強い呼称で呼ばれてきました。しかし、単身世帯の増加と人口減少、それに伴う伝統的な仏事の衰退等、お寺を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。今後は檀家という意識はさらに希薄化し、お寺と人々の関係は先祖代々という論理から解き放たれていくことは間違いありません。そのような時代にお寺が対処していくには、人々との新たな関係を築く必要があります。 続きを読む >>

かつお節に学ぶお寺づくり/井出悦郎

2017年2月23日

katsuobushi

■ にんべんは良質なかつお節の製造技術を業界発展に惜しみなく提供 先日、『カンブリア宮殿』(テレビ東京)で、かつおだしの老舗・にんべんが取り上げられ、なるほどと感じ入ることがありました。 続きを読む >>

1 / 2912345...1020...最後 »