ニュース

一般社団法人お寺の未来のこれからについて

2018年8月20日 おしらせ

2012年に一般社団法人お寺の未来を創業してから、お寺の持続的発展に資する取り組みを創造してきました。 未来の住職塾をはじめとして、様々なお寺とのご縁をいただき、微力ながらも仏教界の発展に貢献してきたと自負しております。 その歩みの中で多くのご依頼をいただくようになりました。弊社としても様々なテーマに精一杯取り組んできた結果として、一法人の中に、時間軸、経済性、必要スキル等が異なる、様々な性質の事業が混在するようになりました。

  • 個別寺院や宗派のコンサルティング、相談の依頼が増えたことや、「まいてら」事業を立ち上げたことで、特定組織の発展に深く力を注ぐ場面が増加
  • 同時に、未来の住職塾というコミュニティの公平かつ中立的な発展を促進する必要性の高まり
寺院を取り巻く環境変化も加速する中で、以上のような要因も生起することで、法人としての舵取りが難しくなる場面も年々増えてきました。 そして、ご縁をいただいた寺院に従来同様の価値を今後とも提供していくため、それぞれの事業の性質に合った体制を整備することを決定しました。 今後の具体的な方向性は次の通りです。
  • 一般社団法人お寺の未来は、使命(※)を体現する事業の「まいてら」に特化。まいてら寺院との協働運営を促す環境を整備 (※一人ひとりが良きお寺と出会うご縁を育み、あなたの安心に満ちた日々の歩みを支えます)
  •  コンサルティングや調査・研究をはじめとした各種事業は、一般社団法人お寺の未来総合研究所を設立して集約(井出悦郎が代表理事)
  • 寺院経営をテーマとした現行の未来の住職塾カリキュラムは2018年度で終了し、今後は卒業生コミュニティを永続的に維持・発展させる基盤として一般社団法人未来の住職塾を設立(松本紹圭が代表理事)
2018年度は各法人の立上げ・整備等の移行期間となるため、各法人の体制が整った段階で随時お知らせしてまいります。 今後は新たな体制となりますが、今までもこれからも、ご縁をいただいた寺院の発展に、各法人が精一杯貢献していくことは変わりませんし、必要なテーマにおいては連携を図ってまいります。 引き続き変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

エンディング産業展2017 まいてらブース来訪者の相談内容に関するレポートを公開します

2017年9月27日 おしらせ,プレスリリース

図1

一般社団法人お寺の未来(代表理事:井出悦郎)は、エンディング産業展2017で『まいてら』ブースに来場された方々の相談内容に関する傾向を、レポートとして公開いたします。 近年の終活に関わる来訪者の貴重な声を示唆としてまとめております。 多くの寺院や関係業者の皆さまのご参考になることを願っております。 (以下のダウンロードリンクからレポートを取得できます) 【実施期間】 2017年8月23日(水)から25日(金)    ※エンディング産業展2017開催期間 【調査手法】 ブース来訪者への対面聞き取り(記録件数:61件無作為抽出) 【備考】 ・ブース来訪者の個人情報が十分に保護されるよう、匿名性を保つ形で集計しています ■[レポート]エンディング産業展2017_来訪者の相談内容の傾向のダウンロード ※ ご質問等はinfo(アットマーク)oteranomirai.or.jp までお気軽にご連絡ください。

特定非営利活動法人おてらおやつクラブ設立のお知らせ

2017年9月11日 おしらせ,プレスリリース

logo_yoko

一般社団法人お寺の未来は2017年8月24日付けで、おてらおやつクラブ事業を特定非営利活動法人化いたしましたのでお知らせいたします。 新法人の概要は以下のとおりです。 法人名:特定非営利活動法人おてらおやつクラブ 代表者:松島靖朗(代表理事) 所在地:奈良県磯城郡田原本町八尾40 WEB:http://otera-oyatsu.club おてらおやつクラブは2013年10月より活動を開始したお寺の社会福祉活動です。 活動の拡大に伴い、2015年4月より一般社団法人お寺の未来が運営母体となり事業推進を進めてまいりました。 この度、さらなる事業発展のため、特定非営利活動法人として法人化する運びとなりました。 引き続き全国のお寺さまとともに国内の貧困問題解消に寄与する活動を進めてまいります。 おてらおやつクラブ事業の法人化に伴い、松島靖朗は一般社団法人お寺の未来の理事を退任いたしますが、両社は引き続き様々な企画で連携し、人々が良きお寺と出会うご縁づくりに貢献してまいります。 【本件に関するお問合せ先】 mail(アットマーク)otera-oyatsu.club 担当:松島

【現代の僧侶を考える会】 これからの僧侶のあり方(僧侶像・規範)の検討結果を公開します

2017年8月22日 おしらせ,プレスリリース

WS000027

一般社団法人お寺の未来は、有志僧侶との連携による「現代の僧侶を考える会」を発足し、これからの僧侶のあり方(僧侶像・規範)に関する検討を深めてまいりました。ここにその検討結果を公開いたします。 公開にあたっては、検討結果を活かしたワークショップの運営マニュアルも作成いたしました。各地域での勉強会などでも本検討結果が広く活用いただけることを願っています。   【公開資料】 [検討結果の全体資料] 【詳細解説版】現代の僧侶を考える会 検討結果資料 [検討結果の簡易版] 【簡易版】現代の僧侶を考える会 検討結果資料 [ワークショップの運営マニュアル] 「現代の僧侶を考えるワークショップ」運営の手引き   【「現代の僧侶を考える会」の趣旨】 人口減や過疎化による檀信徒の減少、僧侶派遣業者の台頭、葬儀の小規模化・簡略化など、お寺、そして僧侶を取り巻く社会環境は急変しています。 日本仏教を担う核心は、檀信徒をはじめとした生活者に仏教を伝える一人ひとりの僧侶です。現代における僧侶像や求められる規範を僧侶自身が主体的に明らかにし、その規範を主体的に励行することにより、社会や生活者からの信頼は一層醸成され、日本仏教の豊かな味わいが次世代に受け継がれることにつながっていくでしょう。 「現代の僧侶を考える会」では日本仏教のこれからを担う仏教者有志が集い、生活者視点をまじえながら広く闊達な衆議を深め、これからの僧侶像と具体的な規範を宗派・肩書き・立場を超えて定め、現場での着実な実践と、現代的な布薩の創造につなげていくことを目指します。 僧侶像・規範の検討にあたっては、委員会メンバーを中心に2016年10月から全13回(50時間超)の議論を重ねるとともに、2017年3月には東京で約90名、7月には約40名の僧侶有志をまじえて一層の議論を深めました。 今後は、様々な有志・団体との連携を通じて、本会の願いや検討結果を広く共有していきます。   【委員会メンバー(立ち上げ時)】 [座長] 岡澤慶澄(真言宗智山派 長谷寺住職) [委員] 網代豊和(浄土真宗本願寺派 西照寺副住職)、久住謙昭(日蓮宗 妙法寺住職)、倉島隆行(曹洞宗 四天王寺住職)、成田淳教(浄土宗 感応寺住職)、細川晋輔(臨済宗妙心寺派 龍雲寺住職)、渡邉元浄(真宗大谷派 正蓮寺住職) [事務局長] 井出悦郎(発起人:一般社団法人お寺の未来代表理事) [顧問] 松本紹圭(未来の住職塾塾長)、松島靖朗(おてらおやつクラブ代表)、木原祐健(神谷町オープンテラス店長) [生活者] 遠藤卓也(まいてら編集長)、松﨑香織(未来の住職塾事務局長)   【参考:2017年3月開催の「お寺の未来フォーラム@東京」の様子(約90名参加)】

8/23(水)〜25(金) エンディング産業展にブース出展いたします

2017年8月14日 おしらせ,プレスリリース

endex_banner

寺院ポータルサイト 『まいてら (mytera.jp)』を運営する一般社団法人お寺の未来は、『エンディング産業展 2017』にブース出展いたします。 ブースでは『お坊さんと終活相談』と題して、全国各地のまいてら登録寺院の僧侶約30名が集結し(時間帯により4〜5名が常駐)、終活者の方々からの相談を受けます。 『エンディング産業展』で終活にまつわる大量の情報に触れた終活者の方々たちに、情報や考えを整理するための相談ブースとして役立てて頂きます。 続きを読む >>

1 / 1012345...10...最後 »