ニュース

3/15まで、未来の住職塾本科 第五期生を追加募集!

2016年3月1日 おしらせ

4月に開講となる未来の住職塾本科では、五期生を追加募集いたします。 お申込みは3/15(火)までです。 http://www.oteranomirai.or.jp/juku/regular_course/   <追加募集人数> ・金沢      3名 ・東京      1名 ・名古屋     2名 ・関西(京都 大阪) 2名 ・広島      2名 ・博多      2名   多くの方のお申込をお待ちしております!

未来の住職塾 本科 第五期の願書受付は、2/29(月)まで!

2016年2月15日 おしらせ

平成28年4月より全国主要都市で開講する、未来の住職塾 本科 第五期のお申込は2月29日(月)まで受け付けています。 未来の住職塾 本科では、通年で行なわれるカリキュラムを通じて、 お寺の運営について体系的に学び、お寺の永続を導く寺業計画を策定します。 平成24年に開講以来、4年間で330名を超える僧侶やお寺の関係者が参加し、 それぞれの寺業計画を作成し、歩みを進めています。 住職、副住職はもちろんのこと、寺族や総代まで男女問わず、様々な地域・宗派の方にご参加いただいています。 続きを読む >>

真宗大谷派の「岡崎教区ウェイクアップセミナー『お寺の元気塾』」にて井出と松本が講師をつとめさせていただきました

2015年12月24日 おしらせ

12月15日から16日の二日間に渡り、真宗大谷派岡崎教区(会場:豊橋別院、三河別院)において、第一回ウェイクアップセミナー「お寺の元気塾」が開催されました。日豊教区での「元気なお寺づくりセミナー」に続き、お寺の未来の井出と松本がプログラム設計と講師をつとめさせていただいております。 「お寺の元気塾」は、現代社会における寺院の存在意義や運営を改めて見直し、寺院とご門徒が互いに元気になっていくような「お寺の在り方(寺業計画)」の作成・実行を実現する、全4回のプログラムです。未来の住職塾 本科のエッセンスを活かしつつ、事前リサーチをもとに現地の寺院や地域の特性を踏まえた実践的なプログラムが組まれています。 詳細な内容と当日の様子を真宗大谷派のウェブサイト「浄土真宗ドットインフォ」でご確認いただけますので、ぜひご覧になってみてください。 http://jodo-shinshu.info/2015/12/20/4496/

曹洞宗 南直哉 老師より、未来の住職塾に応援メッセージをいただきました

2015年12月17日 おしらせ

南 直哉 老師より、未来の住職塾へ応援のメッセージをいただきました。本科第五期の受講をご検討されている方はぜひご参考になさってください。 ■ 文・南直哉 老師(曹洞宗・青森県恐山菩提寺院代/ 福井県霊泉寺住職) 「住職」がテーマの塾であるということは、いわゆる「伝統教団」に関係する人々が主たる塾の対象者であろう。 ならば、申し上げる。 「伝統」はともかく「前例」に従う限り、「教団」にも「住職」にも「未来」はない。 これからは、今まで何をしてきたかが問題なのではなく、前人未到の領域(人口減と経済縮小、でなければ移民による多民族社会)に住職としてトライ・アンド・エラーで分け入っていく勇気と忍耐こそが必要だろう。 未来の住職塾は、その「試行錯誤」の「試」として重要な意義があると、私は思う。 それにつけても言いたいのは、「住職」である以前に、自分が「僧侶」であり「仏教者」であることの意味を根底から問い直す作業が、今後不可欠だということである。 僧侶だから住職にもなれるのであって、住職になるために僧侶になってはならない。 少なくとも「未来」は。 ▼ 未来の住職塾 本科 第五期の詳細はこちらです http://bit.ly/229q3ET ▼ 未来の住職塾「一日体験教室」を2月に無料開催します http://bit.ly/1P9YI0f ▼ 未来の住職塾パンフレットを差し上げています http://bit.ly/1UCWerq

「これからのお寺の広報セミナー ~選ばれるお寺の広報戦略をつくろう~」を開催します

2015年8月4日 おしらせ

今、お寺に対する社会の評価に地殻変動が起きています。 これまでは「宗派」という看板、「宝物」という名物、そして「由緒」という歴史的価値など、いわゆる「伝統」にお寺の評価軸を委ねてきました。有名な大規模寺院は安泰、無名の小規模寺院は努力しても無駄という、諦めにも似た空気が少なからず漂っていたものです。 しかし、時代は変わりました。伝統そのものが、必ずしも社会の評価に直結しない時代となりました。伝統がお寺の将来を保証する時代は終わったのです。 そしてここ数年、地域やお寺の規模に関わらず、檀信徒や地域からの評価が急上昇しているお寺が全国的に登場しています。適切な努力をすることで、地域で一番のお寺として選ばれる時代が来ています。 続きを読む >>