卒業生インタビュー 長野文

interview_nagano

● 卒業生インタビュー 私の寺業計画書

女性の「共感力」が結ぶ
ご門徒との確かなご縁

長野文

(真宗大谷派 専念山 正法寺 坊守)
1978年福岡県の大谷派寺院生まれ。国立音学大学でリトミックを、東京学芸大学特殊教育特別専攻科にて障害児教育を学んだ後、中学校等に勤務。退職後、長崎のお寺に嫁いで7年目に夫が住職を継職し、その翌年に未来の住職塾を受講。『坊守から始める寺業計画書』を作成し、少しずつだけど確実な歩みをと計画書を眺めつつ寺務遂行中。


  

「あなたの危機感は本物ですか?」にハッとして

私が未来の住職塾を受講する前年に、夫が住職を継職しました。以前から夫とは「うちのお寺、このままでいいのかな?」と議論していましたが、自分も坊守になっていよいよ危機感が募りましたね。お寺の台所を見ても、周りにいる人は80歳を超える方も多くて。お寺としては昔から同じように年中行事を続けていますが、どんどん人が減っていく。花祭りも子供が3人とか。なんのためにやっているのだろうか?と。そんなとき、一日体験教室で「あなたの危機感は本物ですか?」と塾長から問いかけられて。ハッとしました。

  

地道な改善が実を結び、ご門徒との関係性が良好に
すべてがつながって回っていく感覚

一番大きかった学びは「お寺は、目の前から変えられる」ということ。入塾前は「皆の目を引くために新しいことをやらなきゃいけない」という思いが強かったのですが、むしろ今やっていることに対する視点が変わりました。法要の案内を工夫したり、寺報の発行を始めたり、電話の応対を丁寧にしたり。

寺業計画に従って細かな改善を積み重ねていくうち、門徒さんの反応も変わってきました。前は「お寺のことは何も分かりません」という人が大半だったのに、「いつもお便りいただいてありがとうございます」と。行事の参加者も増えました。お寺の運営が大きく変わったわけじゃないけど、すべてがつながって回っていく感覚があります。

  

夫婦・親子関係にも好影響、チームワークが強まった

受講後は夫婦間の役割分担が明確になり、チームワークが良くなりました。夫婦で話し合い、お葬式後のお参りを重視した結果、住職の法話がぐっと伝わりやすくなり、感想をいただくことも増えました。お寺のご縁のサイクルで一番重要なのはお葬式であるという意識を、住職・坊守で共有することはとても大事です。

予想外の副産物は、親子の関係も良くなったこと。「無形の価値」を学び、お寺の歴史にも興味が持てるようになりました。そうすると、前住職とも話が弾むんですね。昔のことを聞くと、喜んでどんどん古い写真を持ってきてくれます(笑)寺族同士の会話が変わってきました。

  

名前は「住職塾」だけど、ぜひ女性にこそ受けてほしい

私は、女性にこそ未来の住職塾を受けてほしい。住職と違って妻の立場ではお寺の枠組みを大きく変えることはできないかもしれませんが、門徒さんに「お寺さん、変わったね」というのを実感してもらえる余地は、実は住職より妻が関わっている領域のほうが大きいと思うんです。住職から見たお寺って案外狭くて、お寺の全体像を掴めるのは、女の人のほうが得意かもしれません。 特に、お寺の奥さんはもともと何か違う仕事をしていた人も多いですよね。受け継ぐべきところを受け継ぎながらも、女性の立場で今までになかったスキルや新たな視点から改善を重ねていけば、必ずお寺は活性化します。そのことに気づけるのも、未来の住職塾の良さですね。

  

自身の経歴を活かし、
未来の住職塾の受講後に
始めた子供会
工夫を重ね、活発になり始めた
台所奉仕

  


卒業生インタビュー『 私の寺業計画書 』

● お遍路カルチャーの次の百年へ地域と共に歩む
白川密成/あかね (高野山真言宗 府頭山 栄福寺 住職/住職の妻)
● 理想のお寺を次世代に渡す 希望に満ちた五十代の挑戦
大河戸悟道 (真宗高田派 正太寺 住職)
● 女性の「共感力」が結ぶ ご門徒との確かなご縁
長野文 (真宗大谷派 専念山 正法寺 坊守)
● お寺から始める 過疎の地域おこし 溢れるアイデアは無限大
三浦賢翁 (曹洞宗 海蔵山 大龍寺 住職)
● お寺の可能性を開くのは門徒さんの力と信頼関係
西村達也/聡子 (福岡県北九州市 浄土真宗本願寺派 無量山西法寺)
●「楽しいお寺」で人を集め、「選ばれるお寺」の実現へ
河村照円 (茨城県石岡市 真言宗智山派 阿弥陀院)
● 地域の喜びと悲しみを包み込むお寺を目指す
小原泰明 (愛知県豊橋市 曹洞宗 日東山西光寺)
● 自分が変わり 門徒さんも変わりはじめ そして、お寺が変わった
渡邉元浄 (静岡県伊豆の国市 真宗大谷派 正蓮寺)
miyajima_thumb_circle● 逆境の中、自分を信じて脱皮し続ける女性住職
宮島俊京 (佐賀県杵島郡 曹洞宗 祥雲山弥福寺)
okazawa_thumb_circle● 次代とのご縁を太く育てる、地域に開かれたお寺づくり
岡澤慶澄 (真言宗智山派 金峯山龍福院長谷寺)
sugawara_thumb_circle● 「寺内サンガ」でお寺が、地域が変わる
菅原 昭生/佳子 (浄土真宗本願寺派 温泉津・西楽寺)
okazawa_thumb_circle● 過疎地域から起こす、みんなのお寺改革。若き副住職の挑戦
德永佳嗣 (高野山真言宗 大田井山極楽寺)
miyajima_thumb_circle● 逆境の中、自分を信じて脱皮し続ける女性住職
宮島俊京 (佐賀県杵島郡 曹洞宗 祥雲山弥福寺)
okazawa_thumb_circle● 次代とのご縁を太く育てる、地域に開かれたお寺づくり
岡澤慶澄 (真言宗智山派 金峯山龍福院長谷寺)
sugawara_thumb_circle● 過疎地域から起こす、みんなのお寺改革。若き副住職の挑戦
菅原 昭生/佳子 (浄土真宗本願寺派 温泉津・西楽寺)
okazawa_thumb_circle● 過疎地域から起こす、みんなのお寺改革。若き副住職の挑戦
德永佳嗣 (高野山真言宗 大田井山極楽寺)