卒業生インタビュー 宮島俊京

%e5%86%99%e7%9c%9f_%e5%ae%ae%e5%b3%b6%e4%bf%8a%e4%ba%ac

● 卒業生インタビュー 私の寺業計画書

逆境の中、自分を信じて
脱皮し続ける女性住職

宮島俊京

(曹洞宗 祥雲山弥福寺 住職)
1978年佐賀県生まれ。福岡大学人文学部卒業後、中学時代から続けてきた陸上競技で実業団ランナーになる。24歳の時、先代住職が急逝し、自ら僧侶になることで仏教をより学ぶことができ、新しいお寺作りができることに希望を持ち修行へ。さまざまな行事・イベントを立ち上げながら檀信徒と交流し、生きたお寺づくりに取りくむ。町の婚活サポーター。3人の子育てにも奮闘中。


 

お寺づくりの新しい考え方、客観的な方法を探していた

 
「父が急逝して私がいきなり住職となり、母と二人三脚、悩みながらのスタートでした。うちのお寺は、大きな行事は施餓鬼会くらいで、御詠歌講以外の方の出入りが少なく、『元気のないお寺』そのものでした。せっかくやるのだから、お寺を変えたいという思いは強かったです。でも、何をどうすればいいのかわからず、試行錯誤の繰り返し。10年間ひたすら頑張ってはみたものの、お寺づくりの新しい考え方、客観的な方法を教えてくれる人がいなくて困っていたところに未来の住職塾を知り、『これだ!』と思いました。」
 
「一番良かったのは、自坊の強みと弱みの客観的な見出し方を学んだことです。特に、自分が弱みだと思い込んでいたことを強みとして受け止め直すことができたのは、目から鱗でした。たとえば、自分が女性住職であることに対して今まではマイナス思考もあったのですが、女性だからこそ気軽に相談しやすく、特に女性から信頼を得やすいという利点として見直すことができました。これからも小まめな対応力を活かし、人々に好かれる明るいお寺に変身できると確信しています。」
 

言葉に魂を込めてお寺のビジョンを熱く語り、総代や檀信徒と共有

 
「寺業計画書ですが、あれほど客観的に自分のお寺を見て、自分の行動を本気で考える経験は初めてでした。書いて表現することで考えの整理や見直しができる。また、母が日頃こんなにいろんなことをやってくれているのかと分かり、母に対して優しくなりました(笑)。 これからは母に頼ってばかりでなく、その仕事を次は誰にどう担ってもらうのか、引き継ぎ方も考え始めています。ソーシャルワーカーとして勤務している夫とも力を合わせて作りあげていきたいです。」
 
「また、総代さんや檀信徒に向けて、『こういうお寺にしたいんだ』と魂を込めてどんどん語るようになりました。只管打坐で知られる曹洞宗ですが、今の時代は言葉もおおいに使うべきです。お葬式のとき、檀信徒のご詠歌チームに詠唱してもらうプランはすでに実現されました。みなさん、やりがいを感じていただいているようですし、周りの人からもすごく好評です。檀信徒に生きがいや活躍の場を提供するのも、お寺の役割だと思います。」

 

女性の力を生かさなければ、これからのお寺はない

 
「未来の住職塾はお寺を良くしたい人たちの集まりなので、価値観が似ていて話しやすいし、事例もすごく参考になります。すごい人、変わった人もたくさんいて、宗派の中より開けっぴろげで意見が言いやすいですね。勇気を出して入ってみれば、心が解放されます。疑問も解決されるし、自分の可能性を見つけられる場所になります。」
 
「塾には私のような女性住職だけでなく、お寺の奥さんの立場から一人で参加されている女性もたくさんいます。これからのお寺は、女性の力がもっと生かされればいいなと、すごく思います。私は脱皮したいがゆえに、自分の能力の活かし方があると信じて飛び込みました。自分の力を信じて、扉を開けてみてください。 」

  

miyajima2毎年の一泊こども坐禅会は
きもだめしが好評
miyajima1弥福寺のお寺葬では
講員さんが御詠歌を唱える

卒業生インタビュー『 私の寺業計画書 』

● お遍路カルチャーの次の百年へ地域と共に歩む
白川密成/あかね (高野山真言宗 府頭山 栄福寺 住職/住職の妻)
● 理想のお寺を次世代に渡す 希望に満ちた五十代の挑戦
大河戸悟道 (真宗高田派 正太寺 住職)
● 女性の「共感力」が結ぶ ご門徒との確かなご縁
長野文 (真宗大谷派 専念山 正法寺 坊守)
● お寺から始める 過疎の地域おこし 溢れるアイデアは無限大
三浦賢翁 (曹洞宗 海蔵山 大龍寺 住職)
● お寺の可能性を開くのは門徒さんの力と信頼関係
西村達也/聡子 (福岡県北九州市 浄土真宗本願寺派 無量山西法寺)
●「楽しいお寺」で人を集め、「選ばれるお寺」の実現へ
河村照円 (茨城県石岡市 真言宗智山派 阿弥陀院)
● 地域の喜びと悲しみを包み込むお寺を目指す
小原泰明 (愛知県豊橋市 曹洞宗 日東山西光寺)
● 自分が変わり 門徒さんも変わりはじめ そして、お寺が変わった
渡邉元浄 (静岡県伊豆の国市 真宗大谷派 正蓮寺)
miyajima_thumb_circle● 逆境の中、自分を信じて脱皮し続ける女性住職
宮島俊京 (佐賀県杵島郡 曹洞宗 祥雲山弥福寺)
okazawa_thumb_circle● 次代とのご縁を太く育てる、地域に開かれたお寺づくり
岡澤慶澄 (真言宗智山派 金峯山龍福院長谷寺)
sugawara_thumb_circle● 過疎地域から起こす、みんなのお寺改革。若き副住職の挑戦
菅原 昭生/佳子 (浄土真宗本願寺派 温泉津・西楽寺)
okazawa_thumb_circle● 過疎地域から起こす、みんなのお寺改革。若き副住職の挑戦
德永佳嗣 (高野山真言宗 大田井山極楽寺)