読者の皆様の感想

”お寺の外部環境が独自の調査や経験、様々な公的資料に基づいて的確に分析され、より良い寺院運営に必要な行動が具体的に導き出されていると思います。自分ではここまでの分析をすることはできないので非常に有意義でした。詳しい用語説明を設けると、初学者に分かりやすい思います。”(曹洞宗・住職)

”様々な「フレームワーク」のおかげで、考えていることを体系立てて言語化できるようになりました。そうすると頭の中がすっきり整理されたり、考えていることを人と共有できるようになったりして、そんな前向きな変化が目から鱗でした。寺院経営に特化した具体的な事例がたくさん出てきたのも、理解が深まって良かったです。”(浄土真宗本願寺派・住職の妻)
 
”経営学という視点からお寺を分析したことはありませんでしたが、お寺の文脈に細かく落とし込んであり、平易な言葉で語られ分かりやすかったです。お寺を取り巻く現状について、一般社会の感覚や視点で書かれているのも新鮮でした。参考文献の紹介もあると、ありがたいです。” (真言宗智山派・住職)
  
”未来の住職塾を受講した時に、テキストとして読みました。フレームワークの学びが講義の内容と有機的につながっている点が良かったです。ケーススタディに登場する架空のお寺にリアリティがあり、よく作りこまれていたため、他宗派や異なる地域の受講生とも活発に意見交換することができて非常に学び深いものになったと思います。”(浄土真宗本願寺派・副住職)