お寺の未来ブログ

まいてらの新しい枠組み「ご縁寺院」- お寺と生活者の良い出会いを増やすために/遠藤卓也

2017年11月22日

この度、より多くのお寺が『まいてら(http://mytera.jp)』に参加いただけるように、「まいてらご縁寺院」という新しい枠組みを設けました。「安心のお寺10ヶ条」という基準は大切にしながら、多様なお寺が賛同して取り組めるように裾野を広げるための枠組みとなります。

今回は、「まいてらご縁寺院」の誕生の経緯とともに、枠組みの持つ特徴や意味合いをお伝えいたします。

■ エンディング産業展での反響から

DSCF2900

発端は2017年夏に『まいてら』としてブース出展した『エンディング産業展』に遡ります。ご来場の一般生活者の方々に、実際にWebサイトを見て頂き、趣旨を説明して感想をお聞きしました。反応の詳細は、以前公開したレポートにありますが、多くのお寺の情報が分かりやすく可視化されていることが驚かれたり、「安心のお寺10ヶ条」への高評価をいただいたりと、好意的なご意見が多く、信頼できるお寺・お坊さんは間違いなく求められているという実感が得られました。

DSCF3052

中にはその場で、自分にあったお寺を探そうと、展示してあった寺院の紹介カードを手に取られる方も少なくありませんでしたが、その際に重要な手がかりとなるのは所在地域や宗派です。当時で40に満たない登録寺院数であったため、例えば「新潟県のお寺が無い」「曹洞宗のお寺がすくない」といった声があがったのも残念ながら事実でした。

■お寺と生活者の良い出会いを増やすために

日本全国で「信頼できるお寺・お坊さん」を探している方々に、良い出会いをしていただく為には、やはり『まいてら』の輪を広げていくことが不可欠です。
登録を迷っているお寺にお話しを聞くと、登録はしたいが自坊が「安心のお寺10ヶ条」に適合しているか不安、費用もそれなりにかかるのでじっくり検討したい等、お寺ごとの様々な事情があるようでした。

多様なお寺を『まいてら』でご紹介することが、サイトの魅力を高めることにつながりますし、多くのお寺にご登録いただけるように私達がサポートしたいという思いもあります。そこで、「まいてらご縁寺院」という枠組みを設けることにしました。
将来的に『まいてら』に登録したいと考えておられるお寺を『まいてらご縁寺院』として掲載し、様々な機能をご利用いただけるという枠組みです。

ご縁寺院掲載の条件は下記の2点となります。
「安心のお寺診断」WEB版を実施し「安心のお寺10ヶ条」に照らして自坊の強み・課題を抽出すること
• 数年内に「まいてら登録寺院」を目指すこと

ページ制作にかかる費用もおさえてあるので、『まいてら』掲載へのハードルを下げた枠組みとなっています。まずはご縁寺院から始めていただき、その後に「まいてら登録寺院」を目指すことが可能です。

■『ご縁寺院』のサービス内容

goen_page

「まいてらご縁寺院」は、自坊の寺院紹介ページを持てます。ページ数としては1ページですが、お寺の概要を掲載するには十分な情報量です。「まいてらカレンダー」でお寺の行事・イベント情報を告知したり、「まいてら新聞」各連載にて自坊の取り組みや見どころをアピールする等、『まいてら』を使っての情報発信は自由に行なえます。

【ご縁寺院ページへのリンク】
山梨県 日蓮宗 妙忍山 妙性寺
岐阜県 臨済宗妙心寺派 春日山 大源寺

また、「まいてら登録寺院」を目指すにあたっての自坊の懸案事項など日常的なご相談に応じるなど、私たちも可能な限りのサポートをいたします。

■ご縁寺院の声:山梨県 日蓮宗 妙性寺 近藤玄純住職

実際に「まいてらご縁寺院」第一号として掲載され、「まいてら登録寺院」を目ざしている近藤玄純住職に、ご感想をお聞きしてみました。

近藤さん『自坊のように規模の大きくない寺院が、一般の方と新たなご縁を結んでいくには、信頼性を高めることが重要と考えています。お寺のことをよく知り、生活者視点も併せ持つ、一般社団法人お寺の未来が運営するポータルサイトに掲載されることは、一般の方からの信頼性の担保という点で意義が大きいと感じています。

自坊の場合は、まずは「ご縁寺院」という関係性から始めて「登録寺院」を目ざしていくというやり方が適していると判断しました。「安心のお寺10ヶ条」という参考指標があることで自坊が目指す姿がわかりやすく整理され、わからないことはお寺の未来に質問できる点も助かります。』

エンディング産業展での「多様な地域・宗派の寺院情報がほしい」という生活者の声と、寺院からの「まいてら寺院登録のハードルが高い」というご意見を受けて設けられたのが「まいてらご縁寺院」という枠組みになります。興味のある方はぜひ詳細資料を御参照いただき、お気軽に問合せ下さい。

download_button

prof_endo2017遠藤卓也
立教大学卒。2003年より『お寺の音楽会 誰そ彼』主催。IT企業に勤務した後、2012年より未来の住職塾事務局を務める。現在はお寺のHP・パンフレット制作や『お寺の広報セミナー』講師、『まいてら』等を担当。