ohaka_banner_mini

人の集まる永代供養墓教室

 

● 家から個の時代。お墓の新しいかたちをデザイン

年々、お墓のあり方が多様化しています。
一昔前はお墓といえば家族墓が主流でしたが、今や納骨堂から永代供養墓、さらには樹木葬・宇宙葬まで、あらゆる葬送供養の選択肢が開かれています。
社会環境の劇的な変化の中で地縁・血縁の地盤が崩れていることも大きな要因ですが、その影響はお墓だけでなく、ご縁の受け皿を「寺」と「家」の関係性のみで規定してきた檀家寺のあり方にも当然及びます。
これからのお墓のあり方を考えることは、お寺の新しいかたちをデザインすることに他なりません。

「家」という社会基盤が崩れつつある今、これからのお墓には死をめぐる新たな物語を紡ぐ力が求められます。本講座では、お寺の新しいスタンダードとなる永代供養墓・納骨堂づくりを提案、建立から募集・組織化まで、専門の講師が豊富な事例をひも解き、実践的なノウハウを伝授するカリキュラムを用意しています。

【こんな方におススメ!!】
・これから永代供養墓・納骨堂を建立しようと計画している人
・永代供養墓・納骨堂を建立したものの、募集が思うようにいかない人
・周囲から永代供養墓の話を聞いて、どのようなものか気になっている人

 

● 人の集まる永代供養墓教室の3つの魅力

特徴1:申込み2倍、3倍は当たり前! 人の流れが変わる永代供養墓・納骨堂の確かな方法論
永代供養墓を建てるだけで、満足していませんか? 建立は、募集・組織化へと続く永代供養墓の運営の、ほんの一部にすぎません。具体的なノウハウを掘り下げながらも、常に全体像を意識して お寺の使命に 立ち返るのが、未来の住職塾スタイル。 永代供養墓を これから建てる人には失敗リスク回避の投資として、既に建ててしまった人には申込み倍増への転換点として、確実に成果の出る学びを提供します。

特徴2:失敗しない永代供養墓・納骨堂づくりの必須条件を、200を超える豊富な研究事例から伝授します
募集という点で永代供養墓の運営がうまくいっているお寺は、全体の二割以下です。ほとんどのお寺は、建立費用すら回収できていません。しかし永代供養墓をこれから建立しようとするご住職の多くはこの現実を知りません。本講座では講師の蓄積した数多くの事例を元に、失敗しない永代供養墓・納骨堂づくりの必須条件をご紹介。また、メルマガやブログを通じて無理なく学びを続けられる環境づくりも支援します。

特徴3:業界随一のトップコンサルタント、薄井講師の直接指導が受けられます
これからの永代供養墓・納骨堂づくりに必要な情報・ノウハウについて、業界随一のトップコンサルタントである薄井講師が直接指導。メール質問(※1)や個人相談ミーティング(※2)を通じて、自分の手で作成した墓地事業計画書をプロの客観的な視点でチェックしてもらえます。また今回、講師書き下ろしの初心者にもわかりやすい専門のテキストを用意しました。これから建立される方も、すでに建立された方も、それぞれの状況に応じて無理なく学びを深めることができます。
(※1)メール質問は受講期間中、最大30回までとさせていただきます
(※2)課題1を提出した方のみ、寺院デザインの事務所(東京)での対面相談、あるいは電話での遠隔相談を受けられます(時間制限あり)

【オプション】特徴4:日本一有名な永代供養墓、新潟妙光寺・安穏廟を訪ねる1泊2日のスクーリングを開催!
永代供養墓の代表的事例として有名な妙光寺・安穏廟を訪問する1泊2日のスクーリングを、6月24日〜25日に新潟で開講します。初日は薄井講師の特別講義と募集活動に関わるケーススタディ、そして相談時間や懇親会では各自の墓地事業計画について薄井講師から直接指導を受けられます。2日目は薄井講師とともに妙光寺の安穏廟を訪問し、小川英爾住職や会員になった方のお話しを直接伺います。華々しい成功がクローズアップされる安穏廟、その裏側にある成功のメカニズムが今明らかに。実践的なスクーリングに参加すれば、通信講座の価値も倍増します!

■6月24日(友引前日)
「薄井講師による特別講義とケーススタディ」
研修・宿泊会場:新潟・明和サンピア(予定)
集合:新潟駅(その後チャーターバスで移動)
時間:13:00~18:00(その後、懇親会)
内容:薄井講師の特別講義と募集活動に関わるケーススタディ、
相談時間や懇親会では各自の墓地事業計画について薄井講師から直接指導を受けられます

■6月25日(友引)
「妙光寺スタディツアー -永代供養墓の成功とは何か-」
研修会場:新潟・妙光寺
時間:9:30~14:30
内容:薄井講師とともに妙光寺の安穏廟を訪問します
(小川住職による境内案内、小川住職による講義、妙光寺スタッフ・安穏廟会員・薄井講師によるトークセッション&質疑応答)
解散:新潟駅(妙光寺からチャーターバスで移動)

(※プログラム内容は変更する場合がありますので、ご了承ください)

 

● 受講者の声


天台宗円満寺(横浜)西郊良俊さん

跡継ぎを必要としないお墓を切望する檀家さんの要望に応えたい、と暗中模索をしていました。その時に未来の住職塾に出会い、「永代供養墓は作れば必ず売れる」という自分の認識の甘さを痛感し、通信講座の受講を決めました。

  • Point1:過去の総代会ではなんと永代供養墓の提案が却下に!当時の資料を見ると、目的、対象、コンセプトがとにかく甘かった。講座受講後、計画はすんなり了承されました。
  • Point2:「個別性」の重要性を知り、「ここにあの人が眠っている」という確信を持って頂くため、明確な仕切りを設けてプレートや石の字掘りで遺骨のある場所がわかるようにしています。
  • Point3:原点に返り、最小限の予算で最大限の効果を生む広報戦略ができました。タウンニュースや寺の掲示板を活用し、派手さはなくとも確実に伝わるメッセージを発信しています。

薄井先生からコメント:
当初は対象やコンセプトに曖昧なところがありましたが、講座を通してだんだん明確になり、募集や組織化の計画も深まりました。募集の成功だけでなく、確実にお寺の活性化にもつながるでしょう。

 

● 学びの流れ

 
ohaka2014_step

 

● 人の集まる永代供養墓教室の募集概要

受講期間 約4ヶ月間
受講形態 通信講座
(郵送される講座キットに基づいて自習を行ない、2回の課題作成・提出と、講師による課題添削の返却)
講座キット内容 人の集まる永代供養墓教室テキスト
永代供養墓事例集
特別テキスト(お寺の未来ハンドブック)
墓地事業計画書
学びのガイダンス
個人相談ミーティング申込書 等
総受講時間 約30時間(想定)
受講資格
  • お寺に関係する方(住職をはじめとする寺族、法務員など)
  • メール・WEB閲覧、文書作成等のIT環境がある方
受講料 88,000円(税別)
※ 未来の住職塾 卒業生は特典割引あり
スクーリング料 28,000円(税別)
※ スクーリングは希望者のみ参加のオプションの学びです
※ 別途交通費・宿泊代がかかります
受講期間 2015年5月27日(水) ~ 9月13日(日)
申込方法 こちらのリンクをクリックして、申し込みフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください
申込締切 2015/5/17(日)
定員 30名
問合せ先 ohaka(アットマーク)oteranomirai.or.jp

 

● 講師紹介

薄井秀夫(株式会社寺院デザイン 代表)
お寺のコンサルティング会社である寺院デザインの代表。中外日報社、鎌倉新書などで寺院活動や葬祭・墓地関連の取材を続け、平成19年に寺院デザインを設立した。寺院活動の総合的なコンサルティングに加え、お寺のマーケティング(永代供養墓、葬儀)やメディア(寺報、ホームページ、お寺用エンディングノート、その他教化布教ツールなど)などについてサポートを行っている。平成25年からは、研究会「葬式仏教価値向上委員会」をスタートさせ、「葬式仏教」を積極的に評価し、現代にふさわしい葬式仏教のあり方を参加者とともに模索している。著書に『人の集まるお寺のつくり方』『10年後のお寺をデザインする』(ともに鎌倉新書)など。

 

未来の住職塾 通信講座一覧

セミナー・通信講座名講師開催時期受付締切
【通信講座】伝わる寺報教室杉本恭子H27年10月15日〜H28年1月31日※ 受付終了
【通信講座】お寺のための安心会計教室河村照円H27年9月3日〜12月20日※ 受付終了
【通信講座】人の集まる永代供養墓教室薄井秀夫H27年5月27日 ~ 9月13日※ 受付終了