これからのお寺の広報1day教室

これからのお寺の広報1day教室 ~選ばれるお寺の広報戦略をつくろう~

今、お寺に対する社会の評価に地殻変動が起きています。

これまでは「宗派」という看板、「宝物」という名物、そして「由緒」という歴史的価値など、いわゆる「伝統」にお寺の評価軸を委ねてきました。有名な大規模寺院は安泰、無名の小規模寺院は努力しても無駄という、諦めにも似た空気が少なからず漂っていたものです。

しかし、時代は変わりました。伝統そのものが、必ずしも社会の評価に直結しない時代となりました。伝統がお寺の将来を保証する時代は終わったのです。

そしてここ数年、地域やお寺の規模に関わらず、檀信徒や地域からの評価が急上昇しているお寺が全国的に登場しています。適切な努力をすることで、地域で一番のお寺として選ばれる時代が来ています。

凋落傾向の仏教界にありながら、地域社会において盤石な檀信徒の基盤を作り、確かな成長を続ける評価の高いお寺はどのような広報戦略の下、どのように実際の広報を実行しているのか。具体的な事例に基づき、多くのお寺でも活用できる普遍的な考え方をご紹介します。

本セミナーでは、お寺にとって重要なステークホルダー(総代、檀家、地域住民、新たなご縁の人々など)を定義します。それぞれのターゲットに対して確実にご縁を結び、深めるための具体的な広報戦略ストーリーを描きます。お寺のパンフレット・寺報・ホームページ等、各広報ツールの特性やノウハウ、制作事例・活用事例もたっぷりご紹介します。お寺の良さを確実に伝え、選ばれるお寺を目指しましょう!

【講座概要】
対象:お寺の広報に関わる方(僧侶、寺族、坊守、法務員、総代・檀家など)
受講費:10,000円(税別)
定員:20名

【日程・会場】

開催都市会場開催日時間残席状況
札幌崇徳山覚王寺2017年6月16日(金)12:00-17:30

【こんなお寺におすすめ】
・次世代の檀信徒へご縁を確実につなぎたいお寺
・檀信徒とのご縁を深めお寺のコミュニティを活性化したいお寺
・初縁を開拓し檀家規模を拡大したいお寺

【プログラム内容】
・選ばれるお寺の広報戦略(ご縁を深める重要なステークホルダーを設定し、お寺の良さを伝える最適な広報媒体の選定)
・お寺がご縁を深めうる多様な配布シーンの紹介
・各種広報媒体の特性 (パンフレット・寺報・ホームページ・ブログ・SNS)
・伝わる広報媒体の作り方(媒体ごとの事例紹介含む)
・広報に投資する費用の考え方

★最終的に、これからのお寺の広報の指針となる「お寺の広報戦略シート」が完成します!

お寺の広報戦略シートの特徴
・自坊の広報における重要ターゲットを整理できる
・ターゲットごとの有効な広報機会を明確化
・広報媒体ごとの制作方針の決定とコンテンツ企画に役立つ
・広報媒体ごとにかける費用を記入できる


【講師プロフィール】

prof_endo2017遠藤卓也
立教大学卒。2003年より『お寺の音楽会 誰そ彼』主催。IT企業に勤務した後、2012年より未来の住職塾事務局を務める。現在はお寺のHP・パンフレット制作や『お寺の広報セミナー』講師、『まいてら』等を担当。

<br=”clear”>

※ 開催要望・講演依頼などのご連絡はこちらからお願い致します。
http://www.oteranomirai.or.jp/contact